ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「死んだら許さないんだから!」


あれから朝がきて起きたみんなは、「途中から記憶がない」と言った。

飲めないはずの実瑠ちゃん、柚ちゃん、海斗まで、酔っ払った遼と恋汰に飲まされたみたい。

記憶がなくて当たり前だよ。


そして日が経ち、今日は大晦日。



「さっみぃなー…」

「だから俺は出たくねぇって言ったんだよ。バーカ。」

「大晦日といえば初詣だろ!お前ら元気なさすぎ!」

さっきから前の方で遼と槙が言い争っている。

「お前が元気なだけだろ。」

それに加わったのは、恋汰。

「てめぇ彼女出来たからって調子にのんなよ?」

「は?羨ましいわけ?」

「うわ、うっぜー。チビのくせに。」

そう、恋汰には彼女が出来ました。

とても可愛らしい彼女が。


クリスマスに、大ちゃんの家に来ていた恋汰の後輩、実瑠ちゃん。

恋汰が実瑠ちゃんを送っていった時、恋汰の方から告白したらしい。


< 23/ 138 >