ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「嫉妬?」
「大切な友達ですから。」


柚ちゃんが出て行って、数十分がたった。

点滴がもうすぐ終わる。

「よし、終わったかな…」

点滴が終わったところで、ナースコールを押してみた。


「中原さん点滴終わった?」

「終わりましたー」

フッと看護士さんを見ると、手には何故かコンビニの袋が。

「それ何ですか?」

「あぁ、そうそう。小さい男の子2人と、背の高い男の子2人があなたにって。」

小さい男の子2人に…背の高い男の子2人…


「あぁ…」

遼と恋汰と槙と風磨だ。


「変わったお友達が多いのね。」

「ふふっ、毎日楽しいですよ。」

「そう、良かったわね。」

優しく微笑んで、コンビニ袋を渡した後、点滴を取り外し始めた看護士さん。

「わ〜、お菓子いっぱい!」

「中原さん、手紙も入ってるみたいよ?」

「あ、ほんとだ…」


【寝てたら悪いから、とりあえず看護士さんに渡しとく。ゆっくり休んで、早く治せよ? お大事に。】


「いいお友達じゃない。」

「はい、大切な友達ですから。」

「そう。じゃああたしは行くから、ゆっくり寝なさい。」

「はーいっ」


< 10/ 138 >