ケータイ小説 野いちご

ハネノネ

第二章
コウスケ



ハネノネ 第二章







俺の最愛の人は、幼なじみであったヒカルだった。

ショートカットの短い髪を揺らしながら駆け回り、常に笑顔を絶やさない。

言い方を変えれば、非常に落ち着きのない女だった。



小さい頃から常に一緒なのが当然で、お互い口には出さなかったが、


このまま一生一緒にいて、
老人になっても一緒にいて、
息を引き取るときも きっと手をつないでいて。



当たり前のごとく、そう思っていた。


当たり前すぎて、それが恋愛感情だということに気付かなかった。




< 10/ 90 >