ケータイ小説 野いちご

─チビとわたしが歩く道─

チビとわたしが歩く道








           サナエ
「ねぇ、ママ。明日から早苗も、チビのお散歩連れて行って?」



5歳のわたしは、家で飼っている雑種犬の『チビ』が大好きだった。






「あら、チビのお散歩は朝早いのよ?早苗起きれる?」



チビは、わたしが産まれる前から家にいたんだって。





「早苗がんばるもん!チビと約束したの。明日からは、早苗とお散歩するんだよーって。」





「あらあら、じゃあ今日は早く寝ないとね。‥‥‥おやすみなさい。」




「うん、おやすみ。ママ。」




ママにゆっくり頭をなでられながら、わたしは眠りにおちた。









< 1/ 40 >