ケータイ小説 野いちご

ある日ある場所での出来事

ある日ある場所での出会い

「暑いな~…」

 手で太陽を隠しなが空を見る。雲一つ無く、青色に染まっていた。今は7月の頭で、日差しが強くなってきて夏を感じさせる。 そんな中登校するのは本当に大変なのだが、それに加えて学校のすぐ手前が長い登り坂になっていて否応なく汗をかいてしまう。

「よし。到着…っと」

 校門に前に到着した。なんだかこれだけでも物凄い達成感にを感じてしまうのはやはりこの暑さのせい…なのだろうか?
 僕は襟を手でぱたぱたしながらやっぱり夏はあんまり好きじゃないなぁとか考えながら教室へと足を運んだ。


< 1/ 5 >