ケータイ小説 野いちご

恋愛の意味

第1章
目が覚めて ~美蘭side~

「っ」
 あれからどのくらい気を失っていたのかな。
 気づいたら、体じゅうドロとアザだらけだった。
 はぁ。とりあえず体洗いたい・・・。
 公園にでも行くか・・・。
 私は重い足取りで公園まで向かった。


< 3/ 9 >