ケータイ小説 野いちご

女に恥かかせんなよ!

夕食のあと

「わたしがその気になって二人きりになってるのに、最後までしなかったのは先生だけだよ。」





という言葉から始まったその子の話は、ただ聞いているだけしか仕方なかった。






< 1/ 5 >