ケータイ小説 野いちご

はつこい

〜好きな気持ち〜

−次の日−

「凪桜!早く起きなさい!」

お母さんの声で目が覚めた

「もう、やっと起きた。
早く準備しないと学校遅刻するわよ!」

えっ、遅刻…

今何時!?

ガバッと起き上がって時計を見る

7時45分!?

やばっ!!後15分しかないじゃん…

最悪…

急いで準備をする

歯磨いて顔洗って、制服着て

えーっと、後は…

化粧する時間すらない

すっぴんかぁ…

まあ仕方ないよね?

「いってきま〜す!!」

家を出ると氷河くんはもう外に出ていた

「おはよ」

「おはよう!ごめんね、ちょっと遅れちゃった…」

「いや、俺が早く出過ぎただけだから」

そういえば具合どうなんだろ?

一昨日、私が帰った後もまた熱出してたみたいだし…

「氷河くん、もう大丈夫なの?」

「ああ、もう熱も下がったし大丈夫。ありがとな」

「そっか、よかった〜!」

本当によかった






< 43/ 61 >