ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

はつこい

〜恋の予感〜
氷河Side


氷河Side

凪桜が帰った後、夕方くらいから俺はまた熱を出し寝込んでいた…

あぁ、しんどい…

母さんが看病してくれてるけど

やっぱり凪桜がいい…

凪桜に会いたい…



−次の日−

目を覚ますと熱はだいぶ下がって微熱程度になっていた

酷くなってなくてよかった…

あれ以上酷くなれば明日学校へ行けなくなるところだった

今日は一日寝てよう



♪〜♪〜♪

ん…

メールの着信音で目が覚めた

もう夕方だ、結構寝てたな

メールの相手は…

なんと、凪桜だった!!


内容は[具合どう?明日学校行けそう?]

というものだった

俺は行けると答え、返信した

すると

なんと、凪桜が明日も一緒に学校に行かないかというメールを送ってきた

俺はいいよと返した

やばい…

スゲーうれしい…

まさか凪桜から誘われるとは思ってなかった


明日が楽しみだ!





< 42/ 61 >