ケータイ小説 野いちご

はつこい

〜恋の予感〜

−次の日−

今、私は莉夏を家に呼んで話を聞いてもらっている

私は昨日のことを莉夏に全部話した

「それは完全に恋だよ!」

そう…なのかな

「そうかなぁ…」

「絶対そうだってっ!!
だってドキドキするんでしょ?一緒にいたいって思ったんでしょ?」

「うん。だけど私、恋なんてしたことないんだもん!!わかんないよ〜」


「まぁ、恋なんてわかんないものよ」

うわっ、びっくりした

お母さんがいきなり話に入ってきた

ん?お母さん?

えっ!?いつの間に入ってきたの!?

「さっきからずっといたよ〜!」

なんて呑気にいう莉夏

知ってたんなら教えてよ!!

「お母さん…、どこから聞いてたの?」

「最初からよ!」

えっ!?最初からってことは…

昨日のこと全部聞かれてたってこと!?

「やっぱり二人きりにしてよかったわ〜」

よくないよ!!!

そういえば氷河くん、大丈夫かな?

後でメールしてみよっと





< 40/ 61 >