ケータイ小説 野いちご

0センチの恋〜みんなの王子様〜【短編】

0センチの恋



「あらぁ!颯太くん東京行っちゃうの?」

「うん」

「またなんで?」

「最近、仕事も忙しくてさ、俺でも行ける高校って言ったら椿野学園しかないのかなって」

「椿野学園って、あの芸能人が通ってるっていう?」




あたしの好きな人は、とても遠い人。


こんなにも近くにいるのに…


手の届かない存在。



「あははは〜!蜜柑も寂しくなっちゃうわね」

「今の家はとりあえず残しておいて、休みの日とかに戻ってくるような感じになるんだって」



ずっと好きだった人が




アイドルになったなんて




信じられなくて。





だけど、【椿野学園】って聞いただけで





颯太兄が、今すごい人気アイドルなんだってことが今初めてわかった。



< 1/ 9 >