ケータイ小説 野いちご

スキ・スキ東上先生★俺もヤバいほど・スキ★

第2章
真ちゃんの彼女

「あ、飛鳥何でこんなとこにいるんだ?」




何でって買い物ですけど。



父さんがいきなり、「真ちゃんだ。」




私は父さんの口を手で塞いだ。




「東上先生父さんと買い物なんですよ。こんなとこで会うなんて奇遇ですね。」



暴れな親父。




「離せ未來!」




私を睨み付ける親父。




親父状況を分かれよ。




「真也誰なの?私に紹介してよ。」




「あ、ごめん須美香、彼女は俺のクラスの生徒で、飛鳥未來。その隣にいるのは父親の渉さんだよ。僕の彼女の橋本須美香です。」




父さんが私の顔を見る。




親父頼むから何も言うなよ。




「こんにちは未來です。」




「真也美人な生徒さんね。手出さないでよ。」




「須美香、何言ってんだよ。」




「だって心配だわ。毎日こんな綺麗な生徒さんと一緒だなんて。それに真也忙しいからって、中々会ってくれないし、「須美香生徒の前でそんな話をするなよ。」




参ったなぁ。




聞きたくないよ。











< 48/ 160 >