ケータイ小説 野いちご

スキ・スキ東上先生★俺もヤバいほど・スキ★

第1章
転校

高校へ入って二度目の転校なんてあり得ないんですけど。




しかも大都会の東京からど田舎に。




しかも農業高校だなんて。



私泣いていいですか?




父の仕事は警察官。




小さな町の交番勤務。




私は父と二人の父子家庭。



高2、17才の私の名前は飛鳥未來。




母親は私を生んで直ぐに亡くなったらしい。




それからは父とずっと二人切り。




普通の17才の女の子なら、髪染めて化粧して、おしゃれしてなのに。




今の私は黒髪で三つ編み、化粧なんて父が許してくれるはずもなく、




超ダサダサの格好をしています。




何で三つ編みなの!




「未來学校へ挨拶に行くぞ。スカートは膝下にしろよ。髪は三つ編み以外は認めん。」




厳格な父。




超頭が固くて門限が18時。



部活にも入れない。











< 1/ 160 >