ケータイ小説 野いちご

現在進行形

10月に入り。
10月14日。

今日は文化祭の準備ということで1日中文化祭の準備をしていた。
俺は基本暇していて女子に呼ばれたら役割を与えられてそれをこなすという感じに無難に過ごしていた。
Aは今日も男と絡みまくっていていかにも俺より上ですよ的なアピールを今日もしてきていた。
俺は気にしないようにしていたが、俺はKと一緒にいたのだがKをAが呼んでそこからKはずっとAと一緒に話していたのでやはりほとんど一人で過ごしていた。
時に悲しくて、帰りたくなったがなんとか頑張って今日をしのいだ。

< 17/ 25 >