ケータイ小説 野いちご

華〜ハナ〜Ⅰ【完結】

桜華






嘉の運転する車は、気がつくと大きな建物の前に止まった。




「みんな降りてね。」



顔は見えないけど嘉が満足そうに言った。





なにこれ………





車を降りた私の目の前に現れたのは


まさに“城”




真っ白な外壁に

たくさんの窓がついている。



あれが全部部屋だとしたら…

軽く50部屋くらいあるんじゃない?



てことは桜華のメンバー全員の部屋があるってことになる…



それくらい広い。



暴走族ってお金持ちなんだ。


率直にそう思った。





「侑希っ!行こうぜっ!」



俄然テンションが高くなってる楓は

キラキラした笑顔を振り撒いている。




それでも動かず“城”を見ていた私に



「どうかしたか?」



蓮士が声をかけてきた。




「いいえ…。何もないんだけど…。

ここ、すごく大きいのね。」


私はやっぱり“城”から目を離せないまま、そう答えた。



すると蓮士はふっと笑って、「行くぞ」と言って歩きだした。




私はやっと目を離し、歩いていく蓮士の背を追った。





< 125/ 417 >