ケータイ小説 野いちご

黒猫 - 迷子の不良黒猫ちゃん - 【完】

5章:獅子のような黒猫ちゃん




何処にでも阿呆な人って居るもんだなぁ、と思った。


『………。』


体育館裏に来たのは良いけど………どうしよう。
周りには厳つい男達………じゃなくて



『なにこの猫のぬいぐるみの山。』



そうです。

体育館裏は
猫のぬいぐるみと猫グッズでいっぱいでした。

え?


なんでこんな所に呼び出されてんの私。


肩に乗ってる黒猫も固まっちゃってるからね?


なんなの?
阿呆なの?


いや、阿呆だよね、断定できるよ。自信持って言えるよ。






< 66/ 212 >