ケータイ小説 野いちご

黒猫 - 迷子の不良黒猫ちゃん - 【完】

1章:男子校に黒猫ちゃん





今は、雪も溶けたし、桜も咲いた春。


窓から暖かな光が入ってくるため、リビングの窓際で昼寝をしていると



「鈴ちゃーん!話があるからちょっと来て?」


お母さんがソファーに座って手招きをしていた。




『……動きたくない。』



姿も見えるし、声も聞こえるんだから、このまま話せば良いのに……と思っていると




「……鈴ちゃん?来るわよね…?」



『今すぐ行きます。』




お母さんの後ろにブラックオーラと般若が見えたため、素直に従うことにした。

うん、怖かったからね。




< 1/ 212 >