ケータイ小説 野いちご

龍華

第一章
白尾


「ねぇ。あんたってさ。修哉くんのなに?」


呼び出された。
というよりは罠にはまった。
あぁ。あほじゃん

「別に。」
「あっそー。てか。先輩に対してそれはないんじゃない?」







「先輩達も大人げないですよー」




ブチッ

うん。きれたね


やばい...

どうしよっか。


ここでやったらばれる...!?

かなあ...

< 19/ 146 >