ケータイ小説 野いちご

龍華

第一章
2年A組


ここが2年A組か...



まぁ、それからはいろいろあいさつして終了、






ん?
あ、いた。あいつ。
銀髪君。


(先生。ってか愛ちゃん)

愛ちゃんは一緒に族にはいってた。
龍華には女子は2人だけいた。

あたしと愛ちゃん。
まあ、空手。柔道。剣道ともに
あたしのが上だけど強い。




普通の男子じゃかてないだろうね。

(あの銀髪君てなんて名前?)

(あぁ。あのこは新野修哉だよ)

(ふーん。)


新野修哉か。

よし、恥かかせてやるよ。



< 11/ 146 >