ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

美しい雨―キミの笑顔を見せて―

Chapter.6*食事*





「美雨?どした?」



そう問い掛けても当然、返事はなく……。



「あ、美雨?この人達な、俺の大学の時の同級生で親友の神代裕介(カミシロ ユウスケ)と、その奥さんの優香」


「あなたが美雨ちゃん?初めまして優香です」


「初めまして、神代裕介です」



裕介も優香も笑顔で挨拶してくれたけど、美雨は無表情のまま頭を下げることなく前を向いたままだった。


どうして美雨が部屋の戸を開けたのかわからず……。



「トイレか?」



なんて、適当に聞いてみたけど違うか……と、思ったら美雨はコクリと頷いた。


トイレだったのか……。


美雨はダイニング横の少し奥まったとこにあるトイレに行くと、バタンとドアを閉めた。





< 60/ 200 >