ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

美しい雨―キミの笑顔を見せて―

Chapter.5*愛情*




学校を出た時には外は真っ暗で、街灯の青白い光だけが寂しく光っていた。


さむ……。


頬を刺すような冷たい風が吹く。


コートのポケットに手を突っ込み駐車場まで急いだ。


車に乗り、エンジンをかけて車内を温める。


エアコンから暖かい風が勢いよく吹き出した。


早く帰らないと……。


美雨がお腹を空かせてるかもしれない。


優香と電話を切った後は美雨のことで頭がいっぱいだった。


なぜ美雨のことが、こんなにも気になるんだろう……。


美雨の顔を思い浮かべただけで胸がドキドキして苦しくなる。


これは恋、なのか?


感情を表にださず、話すこともない美雨。


でも顔を見ると、子供のようなあどけなさがあり決して大人の女とは言えない。


もしかしたら、この学校の生徒よりも年齢は下かもしれない。


そんな子に俺は恋をしたというのか?


いやいや、ありえねぇだろ。


俺はロリコンじゃねぇし。


でも……でも……何なんだ……この胸を締め付けるような苦しみとドキドキは……。


その時、白衣からスーツのポケットに入れ替えた携帯がブルブル震えた。





< 46/ 200 >