ケータイ小説 野いちご

美しい雨―キミの笑顔を見せて―

Chapter.1*少女*




バケツをひっくり返したような雨とはよく言ったものだ。


さっきまで晴れていた空は急に暗くなり、ポツポツと降り出した雨は土砂降りになった。


耳に届くのはフロントガラスに激しく打ち付ける雨の音だけ。


それ以外、何も聞こえない。


ワイパーの意味がないくらい激しい雨。


ゲリラ豪雨と言ってもおかしくないくらい。


俺は自分の住んでるアパートの決められた駐車スペースに車を止めた。





< 1/ 200 >