ケータイ小説 野いちご

闇の貴公子に偽りの愛を

最終章 闇の貴公子と悪魔に真実の愛を




あれから6年という長いようで短い時が過ぎた。


シルヴィアはエドガーとロジェンスの花嫁となり、幸せに暮らしている。



シルヴィアとエドガーの間にはウィルディスと言う名の男の子が、

シルヴィアとロジェンスの間にはニヴェアと言う女の子がいた。




6年も経てば変わることが多い。



魔王はシルヴィアになぜか、


心臓を返した。



エドガーにもだ。



このことにロジェンスも驚いていた。















< 85/ 87 >