ケータイ小説 野いちご

闇の貴公子に偽りの愛を

第二章 闇の貴公子と偽りの花嫁



大きな部屋に大きなベッド。

天井に吊り下がる綺麗なシャンデリア。


そしてベッドには2つの影。


「おはようアディナ…」


寝呆けたエドガー。


「おはようエドガー…」


それに答えるアディナ。



エドガーはアディナのキャラメル色の髪に指を絡ませる。


「お姉様は明日結婚するわ……………お姉様には幸せになって欲しい……」


「アディナ…リディナはきっと幸せになるよ。」


エドガーは自分がアディナを無理矢理花嫁にしたことを後悔した。

アディナにこんな顔をさせてしまうなんて……


僕は何をしているんだ……



エドガー自身もアディナを愛している訳ではない。


しかしエドガーは自分勝手な考えで他人を巻き込んでしまった事を悔やんでいた。













< 31/ 87 >