ケータイ小説 野いちご

-夏希-君の笑顔に救われた


出逢い


今日は、空が青く
雲がちらほら見える
俺が一番すきな空


最近はずっと雨だった。
梅雨に入ったからな。


天気のいい日は、
真面目に授業なんて
受けない。



俺が気に入っている
空に一番近い場所に
行くんだ。



…屋上




屋上に寝転がり、
空を見る。

だんだん空に吸い込
まれてついでに、嫌な
ことも空が飲み込んで
くれる。



そのまま目を瞑って
眠りに入ってしまった。





< 1/ 5 >