ケータイ小説 野いちご

会長サマのお隣。

★授業と会長さま
⇒コイツ、苦手かも



『…まじかよ。』




俺は思わず目を疑ってしまった。



美穂を追いかけ、正門にやってきた俺。



その先にいたのは、

瓶底メガネの、くるぶしソックス。
ひざ下スカートに、黒髪三つ編み。


間違えなく美穂、なんだけど。




『……。』




話している、相手が可笑しい。




だって、まさか美穂があの“健二先輩”と知り合いだなんて――…





< 85/ 328 >