ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿15/人形はなぜ捨てられる

そして終幕

翌日の夕方近く。

あたしと達郎はN県の某道の駅にいた。

あたしとしては早く警視庁に戻りたかったのだが、達郎がここへ寄ることをかたくなに主張したため、しぶしぶ立ち寄ったのだ。

「このアンズ入りのカステラを、どうしても食いたかったんだよね」

道の駅の喫茶室。

達郎は買い求めたカステラの箱を、嬉しそうにテーブルに置いた。

「帰ってから食べればいいじゃないのよ」

「待ち切れないんだよ」

小学生かアンタは。

カステラのかたわらには、自販機で買ったミルク・オレ。

達郎は箱からカステラを一切れ取り出すと、勢いよくかぶりついた。

「美味い。やっぱり見込んだ通りだ」

満足げにモゴモゴしている達郎のセリフに、思わずあたしも手を伸ばす。

「一切れ頂戴ね」

達郎は何も言わなかったので、ありがたく頂く。

頬張った途端、口の中にアンズの甘みと香りが広がった。

「おいしーい!」

カステラ本来の甘さともいい感じにマッチしている。


< 75/ 82 >