ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿15/人形はなぜ捨てられる

鳥海夫妻

診療所を出た後、あたしたちは鳥海家へと向かった。

仁藤から鳥海夫妻は留守だと聞いていたが、達郎が家を見てみたいと言い張ったからだ。

こういう時、達郎は何を言っても聞きはしない。

お目付け役としては、勝手なことをされるぐらいだったら、付いてった方がマシってなもんである。

「本当に隣あってるんだな、この2軒」

鳥海家と、仁藤の診療所兼居室を見ながら、達郎は言った。

確かにと思った。

垣根ひとつ隔てた距離しかない。

「9月7日の午前8時過ぎから正午の間に、事件はここで起きたんだよな」

「そうよ」

「なのに誰もその気配には気付かなかった。それっておかしくないか?」

この家の距離を見れば確かにそう思う。

「でもその事は、仁藤だけじゃなくて、出入りしてた患者たちも証言していることなのよ」

「そう。だから9月7日には何も起こらなかったんじゃないのか?」

「え!?」

あたしは達郎の言ってる意味がわからなかった。


< 35/ 82 >