ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雪花-YUKIBANA-

第二章
ボーダーライン




きしむ床の音。


母さんの顔が鮮血で染まる。


部屋中に散ったガラスの破片が、やけに眩しい。



怒鳴り声。

悲鳴。


そして――泣き声。



泣いているのは誰だろう。


やけに耳元で聞こえる、この弱々しい泣き声は。



耳をふさいでも
ふさいでも、

つきまとうように僕の鼓膜で反響する、

――この幼い声は。

< 39/ 348 >