ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雪花-YUKIBANA-

第三章
幸せすぎて



こうして僕たちは、兄妹から恋人同士になった。



けっきょく桜子の噂を流した犯人を特定できないまま、彼女は店を辞めた。


ひとつだけ分かったのは、

コンパニオンたちのほとんどが桜子を敵対視していた、ということだ。


稀有な美しさは時として、醜い嫉妬の引き金になる。

女を売り物にしたあの世界では特に。



ただの中華料理屋の店員に戻った彼女は、

今までよりずっと、
幸福そうだった。





< 169/ 348 >