ケータイ小説 野いちご

恋海-私と彼の恋の伝説-

第1章
☆悩む夜 海side


海side

そして、オレはさつきを連れ出してやってきたところは浜辺だった。


少し、島の中を散歩し、すっかり夕方になってしまった海は夕日の光で海がきれい。


オレの隣で皐月は少し驚いた顔で海を眺めていた。


「綺麗だろ??」


オレは笑顔で問いかけてみるが、皐月は黙り込んでしまった。


そして、俯いてはしばらく経ち顔を上げてオレに向かって真顔で


「・・・・綺麗。」


と一言言ったのだ。


当たり前だ、オレだってこの島に来た時本気で綺麗って思ったし!!!



< 18/ 359 >