ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の五 VS闇黒のストーカー

*第弐章*
†ふたりだけの時間

――杏樹Side――

フゥ――……。

やっと、落ち着いたぁ……。


午後1時30分。

陸とふたりで、あたしの部屋にいる。

今は、今朝作って持って行ったお弁当を食べて、ひと心地ついたところ。


大学で食べるつもりだったのに、家で食べちゃったな……。

まぁいっか、食べたかった人とは食べれたし。



あれから、陸とふたりで家に帰って来た。

講義がなくなったことで、同じ学部の女の子達が構内中陸を探していた。

いつものごとく……デートに誘うためね。


今日だけは、絶対に邪魔されたくなかったから……術を使って大学を出た。

周りの人達に、あたし達の姿が見えないようにして。

おかげで、見つかることもなく。

無事帰宅出来たんだ。

< 85/ 622 >