ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の五 VS闇黒のストーカー

*第壱章*
†騒がしいアイツ

ーー杏樹sideーー

4月某日。

朝っていうのかな?

今は、10時。

講義が、そろそろ始るんだ。


あたしがいるのは、大きな教室。

机が階段状になっていて、東雲にいた頃を思い出させる。

あの頃と違うのは、席が決まっていないこと。

自由にどこにでも座れるんだよね。
 

あたしは、教室でも最後尾の隅っこに座ってる。

だって、多少寝ててもバレないんだもん。


「あーちゃん、今から何のお勉強?」

「ん? 社会学だよ」


隣に座ってる繭ちゃんが問いかけてきた。

彼女も、毎日一緒に講義に来てる。

話の内容は、ちんぷんかんぷんらしいけど。

一緒にいたいから、来てるんだって。


だけど、彼女は他の人間には見えてない。

妖怪ですからね。


「りーくんは来ないの?」

「そのうち来ると思うよ」


そう言った瞬間。




「「「「「キャアアアアアア!」」」」」



黄色い悲鳴が、教室内に響いた。


< 5/ 622 >