ケータイ小説 野いちご

shine!

甘い時間と溜め息と

突然、ゆずのバッグから携帯の着信音が響いた。


反射的に、要はゆずの手を離す。


ゆずは慌ててバッグから携帯を出した。


「―――メールだ、ごめん・・・・・」


「いや、別に・・・・・」


頬を染め、目をそらす要。


だけど、そのメールが気になって、ちらりとゆずを盗み見る。


―――こんな時間に、メールなんて誰から・・・・・?


メールを見ていたゆずの表情が、微かに困ってるように見えた。


「―――どうかした?・・・・・客から?」


要の言葉に、ゆずはこくりと頷いた。

< 125/ 157 >