ケータイ小説 野いちご

【完】ヤンキー女→清楚女『逆高校デビュー』

●高校生活スタート
混乱する女




教室に一人残された私は、結局何もすることがなく、

誰もいない事をいいことに、

小島の席に座ってみた。

ちょっとストーカーのような自分の行動に笑えた。

教室の真ん中だけ机がよけてあって、床に旗が広がっている。


小島の席から見ると、


机たちに囲まれた旗のまわりに


小島と二人でいた姿は、

机で囲まれた密室のように見えた。





「なんで俺の席に座ってる?」




背の高い小島が、私をのぞきこむように現れた。




「い…いやいやいや…

ごめん…その…

深い意味は…ない」


私はかなり怪しい。。。



バッと立ち上がって勢い余って…



小島の背中にしがみついてしまった。





荷物を抱えていた小島と、背中にしがみついた私。


しばらく二人、カチンコチンに固まった。






自分の大胆な行動に、

自分が1番驚いていた。









< 33/ 308 >