ケータイ小説 野いちご

【完】ヤンキー女→清楚女『逆高校デビュー』

●高校生活スタート
出会う女



「遅れてごめんね」


私はその小島くんに声をかけて、隣の席にすわった。



「いや…まだ始まってないから。大丈夫だよ」



お…小島…あんたいい声してんな。


低くて、優しい口調だ…




そう思って、隣に座っている小島の顔を見た。




一度も染めた事がなさそうな綺麗な黒髪、



鼻が高くて、肌が女みたいに綺麗だ。



こんな奴、うちのクラスにいたんだ…


ヤンキーばっかピックアップしていたから、

全然気づかなかったや。




だいたい体育祭実行委員て何やんだよ。。


めんどくさ。。






「はあ〜〜〜い始めます〜〜。



とりあえずプリント配るんで、一クラス一枚取って下さ〜い」


三年ぽい女が張り切って始めた。




小島がプリントを取って、
「はい」と私との机の間に置いた。



そのプリントによると、


体育祭までにクラスでひとつ応援の旗をつくること。



近くの運動場を借りてやるから、


私たちは、自転車置場の誘導と整理を当日やるらしい。


小島と。




なるほど。



めんどくせ〜〜〜〜







< 18/ 308 >