ケータイ小説 野いちご

【完】ヤンキー女→清楚女『逆高校デビュー』

●高校生活スタート
浮かれる女






かっ……かっこいい…







ジャージ姿のギラギラしたヤンキーにしか目がいってなかった私は


もういない



私にはもう悠斗しか見えない…






悠斗の体の周りから光が出ているんじゃないかってぐらい


私には悠斗が輝いて見えた。



ぽ−−−っと悠斗に見とれていたら

悠斗がふっと笑った。





「なんだよ」





かっこよすぎて鼻血がでそうです。。とも言えず



「な…なんでもないよ」



と、またかわいげのない答え方をしてしまう自分が心底馬鹿だと思った。











< 110/ 308 >