ケータイ小説 野いちご

先輩と後輩。

桜の季節。
暗闇




今日は最悪だった。

せっかくの週末だから今日の放課後の予定を考えてたら、放課後になって先生に呼び出されて、英語の補習だなんて!
(誠と巻町と建吾はさっさと帰っていった)

こんな真っ暗になるまで補習させられるとは・・・。
確かに英語は苦手だけど!!

なんて、ぶつぶつ文句いいながら下駄箱からでると


パコーン・・・

パコーン・・・


「・・・」
・・・まてまて。落ち着け。
テニスコートから音が聞こえる。
ってのは本来ありえないはず。
なぜなら今はテスト期間だから。


じゃあ、この音は・・・??


「いや、やっぱ気のせい・・・」

パコーン

「ひっ」


やっぱこの音テニスコートから聞こえる~。
勇気だしていってみるか・・・?

そろそろと足音をたてずそこに行ってみれば。


パコーン

パコーン


汗だくになって壁打ちしている陸が・・・。

「り、陸!」
「ぅわっ!?先輩!?」
驚いた陸はラケットを落とした。

「なんでここにいるんスか!?」
「その言葉そのままそっくり返すよ」

陸でよかった、と安堵の溜息をついた。

< 12/ 16 >