ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿14/隙間女の視線

泣きぼくろの女

あたしと岸警部が若松範子の住むアパートを訪ねたのは午前11時。

築30年はたとうかというその古アパートには、インターホンすらついてなかった。

ノックするとすぐに「はい」という返事がして、ドアが開いた。

右目の下の泣きボクロ。

若松範子の顔を見た時、まずそれが目に入った。

色白で、長い髪を後ろでまとめている。

紺のシャツに茶色のスカートという地味な服装で、水商売の女性には見えなかった。

「あの、何か?」

訝しがる範子に、あたしと岸警部は警察手帳を見せた。

「泉田浩という男を知ってますね?」

岸警部の問いかけに、範子は「はい」とあっさりうなずいた。

「彼についてお話を伺いたいのですが」

「はい、わかりました」

あたしと岸警部は思わず顔を見合わせた。

この手の聞き込みをした時、こうした返事が返ってくることはまず無い。


< 6/ 37 >