ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿14/隙間女の視線

正体

半熟プリンを達郎の家に置き、中目黒に向かった時にはもう、午後4時を回っていた。

あたしは達郎をせかしながら範子のアパートへ向かった。

やがてアパートが見えてきた。

だがあたしたちはアパートへは行かず、そこから少し離れた場所に停まっている一台のワンボックスカーに歩み寄った。

「お疲れ様です」

あたしはドアを開けながら、中をのぞき込んだ。

「おつかれー」

助手席の星野警部補がこちらを向いた。

「おう、ひさしぶりだな達郎くん」

運転席の越沼さんがミラー越しに笑顔を見せる。

2人とも達郎とは顔なじみ。達郎の実績をよく知る捜査員だ。

「日野が達郎くんを連れて来ると聞いて、こりゃ毛色の変わった事件になりそうだなと、越沼さんと話してたとこだ」

星野警部補が白い歯を見せて笑った。

35才に見えないほどの若作りだが、捜査一課の次期エースと期待される東大卒のエリートだ。

それでいて人懐っこい所があるので婦警からの人気は高い。


< 21/ 37 >