ケータイ小説 野いちご

あまからみっくす

②甘々


◆◇◆◇



「純平?」




チャイムを鳴らしてしばらくして、ドアがゆっくり開いた。




「桃ちゃん!来てくれたんだぁ♪」




あれ?こっち?
いつもの純平に戻ってる。




「さぁ入って!嬉しいなぁ、桃ちゃんが来てくれた!」




今にもスキップしそうな純平の足取り。




「純平、家の人は…?」




「今日はいないよー!二人きり!」




「ふぅん…そうなんだ」




わざと平常心を装うあたし。



< 17/ 37 >