ケータイ小説 野いちご

光~みつけた~

再び病院へ
あいなサイド




私は今、考えている。


あの研修医達に取り上げられたタバコを取り返すかどうか。





取り返すならドクタールームに乗り込まないと行けないし。


新しく買うにしても又全く知らないヤンキー君に頼まないといけないし。


どっちにしろめんどい。


私はとりあえず思い付いたのは、点滴をどうにかしないと動けないということ。


点滴スタンドをひっぱってたら絶対にばれるし、目立つ。



今日の所はおとなしく寝ることにした。




< 16/ 26 >