ケータイ小説 野いちご

優しい嘘−最低な兄に恋して−【上】

最低な兄

「ただいま」





こんな事を言っても誰かに『おかえり』なんか言ってもらえる事はない。



あたし、川上雪穂は今この家で最近出来たばかりの兄とふたり暮らし。





「大雅っ…もっと…してぇ…」





はぁ〜。
今日の女は声が大きいな…。

玄関まで聞こえてるよ。



女にこんなに甘い声を出させてるのは、血のつながらない兄。
南沢大雅。



あたしは兄だとは認めてないけどね。







< 1/ 361 >