ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

社長のご指名 *番外編Ⅰ*

第4章 -大好き-

インターホンを押すと中からドタドタと足音が聞こえてくる。





「雪ちゃーん!いらっしゃーい!」


「いらしゃーい!」





コレクションが終り、真依とちょこっとショッピングしてお姉ちゃんの家に来た。





お姉ちゃんが帰国してる事もあって、私の両親と朔夜さんの家族で夕食を食べる事になっていた。





真依も一緒にって事だったんだけど、彼氏の家にお泊まりらしくショッピングをして別れた。





私を出迎えてくれたのは、可愛い可愛い姪っ子ちゃん達。





「紗衣ー!鈴ー!」


「雪ちゃーん!」


「ゆきちゃー!」





玄関で抱き締め合っていると、奥からパタパタとスリッパの音が聞こえてきた。





「雪菜、今日はありがとう。」


「お姉ちゃん。」


「ほら、あっちに行こう。紗衣と鈴はお風呂でしょ?ぱぱが待ってるよ。」





< 17/ 31 >