ケータイ小説 野いちご

社長のご指名 *番外編Ⅰ*

第3章 -憧れ-

アリーナの中の熱気は物凄いもので、団扇を持って来ればよかったと後悔した。





額に滲む汗が流れ、化粧が崩れるかもしれない。





場内がザワザワしていたが、照明が落ちステージに照明が付くと歓喜の悲鳴があちらこちらから聞こえる。





大型スクリーンにjuliet&Roseの文字が映し出されアップテンポの音楽が流れる。





ランウェイも照明に照らされ、端から出てきたモデルがリズムよる歩いて行く。





「きゃー!きゃー!アキさーん!」





白のショートパンツに、白のチュニックなんだけどまるでベビードールのよう。





さっきまでストレートだった髪の毛も巻かれていて、フワフワと靡いている。





観客に手を振って歩いていて、一瞬だけど目が合った時にウィンクしてくれた。





< 11/ 31 >