ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

心の友と書く『心友』がいますか?

☆1☆
【見たら分かるじゃん!】


----------
-----


クラスもだいぶ落ち着いたある日


同じクラスになったもともと知り合いの五島 菜々美<ゴトウ ナナミ>と原口 真美子<ハラグチ マミコ>お弁当を食べようと広げていると


「ま〜こ〜とぉ」



またうるさい奴・・・愛がやってきた。



「ねっ、一緒にお弁当食べようよ!」



「やだ!ってか自分のクラスで食べなさいよ」



「え〜心友に向かってそんな事言うの?」



「だから心友じゃないって」



ギャーギャーと言い合っていると、一緒にいた友達は相変わらずだねと笑っていて。


愛は泣きそうな顔をして、一緒に食べたいのぉと萎れていて。



「分かったよ、今日だけね。明日はクラスの友達と食べるんだよ」



一緒にいた友達にごめんねと声を掛けると、愛ちゃんも一緒に食べようと声を掛けてくれて


愛はウキウキした様子でちゃっかりと空いてる席から椅子を拝借して、私の机でお弁当を開けていた。



「真琴は新しいクラスどう?」



「え〜どうって?」







< 13/ 239 >