ケータイ小説 野いちご

冷たい雨に咲く紅い花【前篇】

籠の中に咲く花



どこまでも、
どこまでも、続く闇。


走っても、走っても、前に進まない。

ううん、

今自分が前に向かって走っているのか、
どこをどう走っているのかさえわからない。


暗くて、

深い、

怖いほどなんの音もしない、
静かな、

静かな闇を、


走っていた。



疲れて、
もう休んでしまいたいけど、

ここで休むのは怖くて、
怖いほどの孤独で、

押しつぶされそうで、



泣きながら、走り続けた。




< 41/ 413 >