ケータイ小説 野いちご

冷たい雨に咲く紅い花【前篇】

雨に濡れた理由
ー紘夜ー


  †


「開けてっ!! 家に帰して!!」


女は震えながらも、
必死によく透る声で叫びながら、
バンバンと大きな音を立てて、白い扉が揺れる。


悪いが、この扉はそんな柔じゃない。



「風呂あがったら、開けてやるよ」

女の声にも扉を叩く音にも動じる事なく、
俺は答える。


そして、一応付け加える。

「大声出しても無駄だ。ここは俺の屋敷だ。助けは来ないぞ」


さらりとそう言うと、
途端に、
音と声は止み、静かになった。

どうやら、やっと諦めたようだ。


やれやれ、



< 19/ 413 >