ケータイ小説 野いちご

逢いたい…。【実話】

出逢い

『遅れてごめん!』


白いシャツが目に入る。



日焼けした肌

サラサラの黒髪

笑うと見える白い歯

鎖骨で輝くシルバー


『悪いね〜今すぐみんな

のテンションに追い付く

からさ!』


ビールを美味しそうに

飲む姿に見とれた。



【ぅわ…どうしょ…

あたしの目の前に…

なんかドキドキする…ょ

顔が熱くなるょ…】


『あれっ!大丈夫かぁ~

顔赤いな?!』



初めてのふたりの会話。



【一目惚れって…こんな

時に使う言葉なんだ…】






< 7/ 410 >