ケータイ小説 野いちご

逢いたい…。【実話】

‡最終章‡
永遠

【TUN…きっと…大事

に持っててくれてるんだ

よね…キュン……あたし

そう思っていいよね?】



今のあたしにはどうする

事も出来ない。



あたしがTUNに近づけ

ば苦しめる事になる。



TUNのお父さんお母

さんも辛くさせてしまう。



もう誰も傷つけたくない。





去年の夏――――



久しぶりの

合コンから始まった…



結婚して毎日の生活に追

われていたあたしを輝か

せてくれたね。



嘘ばっかりついていた

あたしを許してくれたね。



たくさんドキドキしたよ。



人を愛するって初めて

知ったよ。



いっぱい

夢を見させてくれたね。



最高の幸せを感じたよ。



傷つくのも

一緒なら恐くなかったよ。




どんなに引き裂かれても

二人の愛は永遠だと思っ

ていたよ――――







< 408/ 410 >